コラム

水分不足と筋肉

暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
夏になり、だるい、疲れやすいと感じることが多くなったと思います。

体は約6割が水分です。
胃や腸で吸収される以外にも、血液循環をうながしたりと様々な役割があります。

もちろん水分は筋肉にも貯蔵されています。
水分不足になることで、筋肉の収縮ができなくなり、硬くなってしまいます。
硬くなることで酸素共有ができなくなり、血液循環も悪くなるなど悪循環が生じます。

この時期、暑さで自然と汗をかく量が増えます。
その分、こまめに補給することが大切です。

喉が渇いと感じた時にもすでに体は脱水気味の状態です。
定期的に飲むことを意識しましょう。

特に寝ている間は水分補給をすることができません。
寝る前と寝起きにコップ一杯の水を飲むことがおすすめです。

また、熱中症予防にスポーツドリンクや経口飲料水を飲む場合もありますが、飲みすぎは肥満や糖尿病の原因となります。
ただの水をメインに摂取することが大切です。

硬くなった筋肉はマッサージやストレッチを受けることでほぐすことが出します。
ほぐれることで筋肉が柔らかくなり、血行促進されるためコリの解消にもつながります。
タイ古式マッサージでほぐれた筋肉は3週間ほどかけてゆっくり元の状態に戻っていきます。
揉み返しが起こりにくいだけでなく、ただの指圧のマッサージに比べて効果が持続しやすいのも特徴です。

こまめに水分補給でケアをおこないつつ、タイ古式マッサージメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。