コラム

ブルーライト

皆さん、ブルーライトを気にしたことはありますか?
日常生活で携帯電話やパソコンの画面を見ることが多くなりました。
ブルーライトが目に良くないとざっくりはわかっているものの、実際に対策をしている人は少数です。

では、ブルーライトとはどういったもので、目にどんな影響を起こすのか説明していきます。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことを指します。
(400nmより短くなると紫外線、700nmより長くなると赤外線)

光(可視光線)中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーです。
パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトによって引き起こされる障害は【角膜へのダメージ】【目の疲れ】【睡眠障害】【精神への影響】【肥満】【ガン】です。

【角膜へのダメージ】
「太陽の光を直接見てはいけない」と言われるのは、強烈な光によって網膜がダメージを受けてしまうからです。
紫外線にもっとも近い光のブルーライトも同様、角膜や水晶体で吸収されず、網膜まで到達します。
直視ししたり浴び続けると、網膜の中心部にある「黄斑」がダメージを受け、物がゆがんで見えたり視力が低下したりする「加齢黄斑変性」の原因になるといわれています。

【目の疲れ】
ブルーライトは波長が短いため散乱しやすい性質を持っています。
これが眩しさやチラつきなどの原因になり、脳はピント合わせに苦労します。
瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどにもつながります。

【睡眠障害】
ブルーライトは自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。
健康を維持するためのリズムである≪サーカディアンリズム≫が崩れ、寝付きが悪い、眠りが浅いといった「睡眠の質を低下」をもたらします。

網膜が強いブルーライトの刺激を受けると、脳は「朝だ」と判断してしまいます。
「朝だ」と判断した脳はメラトニンという睡眠を司るホルモンの分泌が抑制され覚醒し、逆にブルーライトの量が減少すると「夜だ」と判断して、メラトニンの分泌が活発になります。
夜眠くならないのはこれらが原因です。

【精神への影響】
ブルーライトの明るく強い光のシグナルは網膜から脳へとダイレクトに届けられます。
アドレナリンはセロトニン、コルチゾールといっ精神状態に影響するさまざまなホルモンを刺激します。
サーカディアンリズムが乱れ、不安やイライラ、うつ症状につながります。

【肥満】
サーカディアンリズムの乱れはホルモンだけでなく、体温や心拍、血圧、血糖値にも悪影響を与えます。
血糖値を下げるインスリンのはたらきが低下することで糖尿病のリスクが高まります。
その他にも高血圧、肥満、心臓病などの生活習慣病のリスクになることがわかってきました。

【ガン】
直接的な関与はありませんが、サーカディアンリズムの乱れによりガンが発症するリスクが高まります。

パソコンや携帯電話は今や生活に無くてはならないものです。
仕事の関係上、使用頻度を少なくできない人もいると思います。

ブルーライトで目を酷使した時は定期的にケアしましょう。
厚生労働省のガイドラインでも1時間のパソコン作業に対し、15分程度の休憩をはさむことを推奨しています。

休憩しつつ、目元を温めることで効率よくおこなうことができます。
ハーブパットやホットタオルで10~15分程度、目元を暖めましょう。
血行促進されることで目の周りの筋肉が緩みます。
また、ドライアイのケアにもなります。

寝る前には携帯電話やパソコンの画面を見ない。
ブルーライト遮断眼鏡やフィルターを使用する。
など、常日頃から注意することも大切です。