コラム

香りの効果

嗅覚は脳に直接働きかけ、脳の視床下部に伝わり自律神経系・ホルモン系・免疫系に影響を与えます。

アロマ(香り)よって効果に違いがあり、交感神経系または副交感神経系を優位にさせます。
交感神経は優位になるとストレスを感じ、緊張状態になります。
心拍数・呼吸数・血流量の増加、血圧の上昇、および消化運動の抑制などを引き起こします。
副交感神経は優位になるとリラックス状態になります。
心拍数・呼吸数・血流量・血圧の低下を引き起こしたり、消化運動を活発にしたりします。

気分や体の状態に合わせて香りを嗅ぐことで、効率よく効果を得られます。

【イライラ、ストレスを解消したい】
イランイラン、ローズ、ラベンダー、レモン、ベルガモット、カモミール

【ぐっすり安眠したい】
ラベンダー、オレンジ、ベルガモット、ネロリ

【落ち着きたい】
ゼラニウム、ネロリ、ティーツリー、マンダリン

【元気を出したい】
タイム、ジャスミン、グレープフルーツ

【リフレッシュしたい】
ペパーミント、レモン、グレープフルーツ

【集中力を高めたい】
ユーカリ、レモン、オレンジ、グレープフルーツ

アロマに限らず日常生活でなじみのあるコーヒーやヒノキなどの香りからもリラックス効果を得られます。

ワイガーデンの≪ハーブパット≫≪アイハーブパット≫に含まれている、【レモングラス】【こぶみかん】にはリラックス効果やリフレッシュ効果、不安、疲れた心を和らげる効果があります。

温めて使用する為香りが際立ち、程よい温かさと心地よい香りに包まれている感覚になれます。

何度でも温めて使用できる為、毎日使うことも。
仕事終わりや寝る前のリラックス時間、一息つきたい休憩時間にぜひご利用ください。