コラム

子宮を温める

皆さんは子宮のケアをされていますか?
日々のストレスや冷たいもの、甘いものの食べすぎ、運動不足、エアコンのあたりすぎなどで子宮が冷えているかもしれません。
また、デスクワークで長時間座っている人は股関節周りの血管が圧迫され血流が滞ってしまっています。

この冷えや血行不良によりホルモンバランスも崩れ、【月経トラブル】や【月経前の症状(PMS症状)】が引き起こされます。

女性の体は生理周期に合わせて様々な変化が現れます。
生理が始まる前の≪黄体期≫は感情の乱れや頭痛、肩こり、下痢、眠気、過食など体の不調を感じやすい時期です。
排卵をきっかけに基礎体温が上がり『高温期』に入ります。

そして、生理が始まり≪月経期≫≪卵胞期≫≪排卵期≫の中頃までは体温は下がる『低温期』に入ります。
低温期の基礎体温は高温期から0.3〜0.6度ほど低く、差があります。

ホルモンバランスが崩れていると低温期と高温期に差がなくなり、基礎体温も上下しやすくなります。
基礎体温を正しい状態へと整えていくことで【月経トラブル】や【月経前の症状(PMS症状)】が緩和されます。

まずは日常的に体を温める食材を積極的に食べて内臓を温めることや、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。
また、夜はシャワーで済ませるのではなく足湯や半身浴で体を温め、冷えを改善しましょう。
適度な運動で基礎代謝を上げることもおすすめです。

よもぎ蒸しのようにハーブパットを陰部に置くことで子宮を温めることも効果的です。
※火傷や低温火傷をしない様、温度と温め時間にお気をつけください。
温まることで血液循環がスムーズになります。
子宮に栄養が運ばれ、ホルモンバランスも整います。

子宮のケアは体の不調改善だけではなく、心のケアにもつながります。
【月経トラブル】や【月経前の症状(PMS症状)】が気になる方はぜひ子宮を温めてみてはいかがでしょうか。