コラム

タイ古式マッサージとは

約2千5百年の歴史があるタイ古式マッサージ。
ブッタの主治医であるインドのシワカ・コマラパ師が創設したと言われています。
仏教の伝来と共にタイに伝わり、中国医学を吸収し、タイ伝統医学として確立されました。
日本では2019年に無形文化遺産に登録されました。

タイマッサージは、頭のてっぺんから足のつま先までの、体のあらゆる場所を施術します。
施術はマッサージとストレッチ、そして整体の三つに分けられます。
マッサージでは、センと呼ばれる人体を流れるエネルギーラインをゆったりとしたリズムで刺激し、こり固まった筋肉をゆるめていきます。
指圧だけでなく手の平やヒジやヒザ、足など体の色々な部分を使い筋肉を刺激します。
ストレッチではゆるんだ筋肉を伸ばし、柔軟性を高め、疲れがたまりにくい体に変えていきます。
マッサージとストレッチが合わさり、整体作用となります。

タイマッサージは、体だけにとどまらず心や精神面にも作用します。
マッサージを受けている時、脳内はアルファー波で満たされ半覚半眠の状態になります。
この状態が精神を安定させ、心をリラックスさせます。

タイ古式マッサージはこっている部分だけをいきなりほぐすのではなく、全身の筋肉をストレッチでしっかり伸ばしながら悩みの箇所にアプローチしていくため、もみ返しが少なく、マッサージの効果が持続しやすいのも特徴です。

タイ古式マッサージと聞くと「痛そう」「アクロバティック」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
ですが決して痛みを伴ったり、無理な姿勢を強いたりするマッサージではありません。
お客様の『気持ちいい』『痛気持ちいい』と感じる範囲で施術をおこないます。

【世界で一番気持ちいい】と言われているタイ古式マッサージを≪ワイガーデン≫で受けてみませんか?