ハーブパッドとは?

からだを温めると病気になりにくい?

健康な人の体温は、36.5~37.0度とされています。
50年前の日本人は、平熱の平均が36.8度だったというデータがあります。
しかし、現代人の平熱の平均は約1度も下がりました。

そのようになった原因は、生活習慣や食生活の変化です。
具体的には、下半身の運動不足、筋力不足、食べ過ぎ、水分の取り過ぎ、ストレスなどです。

からだが冷えると血液循環が悪くなり、糖質や脂質、たんぱく質などの栄養素をうまく燃焼できなくなります。
その結果、血液中に老廃物が増え、血液の流れが悪くなり、さらに血液循環が悪くなるという悪循環を招きます。

病気の時、体内に侵入してきた病原菌を攻撃するのは白血球が中心になりますが、白血球は体温が1度下がると、30%以上も働きが落ちてしまうそうです。
逆に、体温が1度上がると5~6倍の働きをすると言われてきます。

白血球が働きやすい状態を保つことが、免疫力の強化につながります。
つまり、病気にならないからだを作るには、日ごろから身体を温める習慣をつけることが大切だということです。