ハーブパッドとは?

ハーブ療法の歴史

タイは地理的にインドにと中国の間に位置することから、歴史的にも両国から様々な影響を受けてきました。
タイ古式マッサージの起源をさかのぼると2500年前のインドに行きつきます。
北インドの王に仕えていたシヴァカというインド人医師がタイ古式マッサージの創設者といわれています。
この人物はブッダと親密な交流があった人物で、ブッダが中心となって形成された仏教僧集団、サンガの筆頭医師でした。
彼はマッサージによる手法だけではなく、ミネラルやハーブなどの薬草を使用した癒しの力を後世に伝えました。
2500年経った今でもタイではシヴァカ師を「医療の父」と呼び、敬意を表されています。
その後、仏教と共に彼らの教えはタイに広がり、独自に発展していきました。
特に薬草の研究に重点が置かれ、身体全体のバランスを保ち、人間に本来備わっている自然治癒力、免疫力を活性化させることを目指して発展を遂げてきました。

タイの伝統医療の主なもの
・タイ古式マッサージ
・ルーシーダットン
・ハーブ(サムンプライ)療法:ハーブボール、ハーブの外用薬、ハーブの内服など

ハーブボールは、主に女性の出産後のケアとして伝統的に受け継がれてきました。
産後の肥立ちをよくするとともに、更年期障害やホルモンの異常からくるトラブルなどを緩和する効果があるとされています。